<< 高原 慈雨を待つ >>

潤沢

c0131091_10100549.jpg
            この花姿を見てると「送り梅雨」と言う言葉を思い出しました。
                花 額紫陽花 馬の鈴草 器 手付籠

[PR]
by nageire-fushe | 2017-07-01 10:22 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://nageire.exblog.jp/tb/26780745
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by oshibanayoshimi at 2017-07-01 12:39
ワーッ!!
珍しいですね!
ウマノスズクサ、久しく見ていません。
うっとうしい昨今、すっきりした生け花、素敵です!
Commented by komakusa2t at 2017-07-04 13:56
馬の鈴草 は一度も見たことがないです。
見てみたいものです。
ガクアジサイの色がいいですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-07-08 08:22
「送り梅雨」
初めて聞きました。
キレイな言葉ですね。
早く梅雨明けしないでしょうか。
Commented by nageire-fushe at 2017-07-08 11:04
oshibanayoshimiさん
馬の鈴草、あまり見かけなくなりましたね。
黒揚羽の幼虫の好物で、すぐに虫食いだらけ
になります。

komakusa2tさん
そうなのですね。
けっこう雑草として昔は見かけたのですが
今は珍しいそうです。

j-garden-hirasatoさん
「送り梅雨」季語なのですよ。
梅雨の終わりの頃の雷と大雨を表現するそうです。
<< 高原 慈雨を待つ >>