<< 春立つ 紅玉 >>

すがる

c0131091_09460957.jpg
                 花の少ない季、名残の実は目のご馳走です。
                花 紫式部 美男葛 寒葵 器 耳付筒花入

[PR]
by nageire-fushe | 2017-01-28 09:52 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://nageire.exblog.jp/tb/26356504
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by komakusa2t at 2017-01-30 21:11
カンアオイ、家でも元気です。
こんな風に生けると素敵ですね。
Commented by j-garden-hirasato at 2017-02-01 06:47
雪の中から
シャキッと伸びているようにも見えますね。
この時期に相応しい、
素敵な作品です。
Commented by ちごゆり嘉子 at 2017-02-01 22:31 x
時期の山野草と蔓に木 いいですね。
Commented by Yukari-Nishihori at 2017-02-02 23:27 x
ご無沙汰いたしておりましてすいません m(_ _)m
やっぱりここは癒やしです(´∀`*)ウフフ
今年もどうぞよろしくお願いします
Commented by nageire-fushe at 2017-02-04 09:18
komakusa2tさん
寒葵やはり場所が影響するらしく
友人宅では育たないと言います。
やはえい場も大切なのでしょうね。

j-garden-hirasatoさん
雪なんて嬉しいお言葉ありがとうございます。
この季はやはり枯れても花なのだと
強く感じました。
Commented by nageire-fushe at 2017-02-04 09:20
ちごゆり嘉子さん
その季にあるべきように出会える。
当たり前のようですが、奇跡的でもあります。
ありがたいものです。

Yukari-Nishihori さん
こちらこそご無沙汰しております。
お言葉、本当に嬉しいです。
宜しくお願い申します。
<< 春立つ 紅玉 >>