<< 中道 夏越の祓 >>

室礼

c0131091_8223253.jpg
                  文月に入り、日本らしい夏の湿潤さと暑さになってきました。
               奇しくも新暦七夕、雨模様。せめて星ひとつなりと拝せればと祈ります。
                        花 梶の葉  器 五色紐結び(ガラス器)
[PR]
by nageire-fushe | 2012-07-07 08:26 | Trackback | Comments(23)
トラックバックURL : http://nageire.exblog.jp/tb/18195851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おとこのいけばな at 2012-07-07 09:20 x
「五色」と言えば、永平寺とかの寺院でよく見かけますね。

どうも毎年七夕は雨のような・・・。
今年はよく降ります。
被害が出ることは悲しいですが、「らしさ」の夏ですね。
Commented by jamagin at 2012-07-07 15:24
いのり、ねがい、きちんと形になりましたね。
思いの花はきれいです。
Commented by harunoyokihi06 at 2012-07-07 18:10
今年も七夕の日が巡ってきましたね。
美しい五色の糸が天の川ですね。
今日はこちらも蒸し暑い夏日でした。
せめてnageireさんのように 気持を涼やかに切り替えたいものです。
いつも清々しい生け花をありがとう。
Commented by N-styel at 2012-07-07 18:32
こんばんわ~o(^▽^)o
こういう美しい室礼も最近は少なくなりました。
思わずうっとり眺めておりました。
梶の葉を飾っていただいて、お空の上では天の川を渡っていらっしゃるかしら…
今、ちょうどお外は雨模様ですが、きっと思いが届いてお二人の逢瀬は叶っている事でしょう‼ (=´∀`)人(´∀`=)
夏のはじまり…いよいよまた賑やかな季節が到来です。

お疲れは少し取れましたでしょうか、空模様も落ち着かない折ですから、どうぞお気を付けてお過ごしくださいませ。
Commented by hsrolay at 2012-07-07 20:28 x
こんばんわ
斬新ですね、こんな生け花初めて見ました。
天の川がみごとに表現されています。梶の葉の利用には驚きです。
御花は見たことありますが、葉をこんな風に利用されるなんてすばらしいです。
Commented by oshibanayoshimi at 2012-07-07 22:16
とてもモダンな七夕祭りですね!
Commented by uransuzu at 2012-07-07 22:40
七夕には、梶の葉に字を書いたのですよね。里芋の葉に落ちた雫で炭をすって。この紐飾りも伝統的な室礼です、さすがです。
Commented by hibikorekouji2 at 2012-07-08 00:35
美しい室礼にうっとりです♪
お天気はよくありませんが、nageire-fusheさんの思いが届いていることと思います。
美しい五色の天の川を渡って・・・。
Commented by s_hanaline at 2012-07-08 09:44
雨の七夕になりましたね、、、
この紐の使い方は、伝統的なものなのですか?
すごく新鮮ですね。
ちょっと、検索して知識を入れてみます!(笑)
Commented by tasogare78 at 2012-07-08 11:02
五色の紐が ナゲイレになるなんて・・・斬新なアイディアに脱帽です
センスの良さが光るって この事なんですねー
緑の葉っぱが ドーンと一枚が 一層引き立ててます
こんな発想が出来るなんて 素晴らしい・・・
Commented by Konatu_sw at 2012-07-08 11:17
古典のものがこんなにも斬新になるとは!!
織り姫様も感嘆の声をあげられていますね。
こんな発想、よくぞ。
もしかしてnageireさんって地上の織り姫?
Commented by gaunn at 2012-07-08 16:50 x
素敵ですね七夕様もうれしいでしょう、何色で
織姫と待ち伏せしようかな?とか素敵なアートにも
思えます。
Commented by tkomakusa1t at 2012-07-10 21:13
葉一枚で存在感がありますね。
紐が使われて。。。アイディア満点です。
Commented by aturin88 at 2012-07-10 22:37
こんばんは~

こういう 生け花もあるのですね~~ぇ
シンプルで素敵です
平穏無事の願いを込めましょうか・・・
Commented by 長沼 at 2012-07-11 01:01 x
七夕の美しい室礼ですね。
むかし、七夕の日には梶の葉に歌を書いて織姫に祈ったとか。
恋文などもあったのでしょうね。
五色の糸に飾られた室礼を拝見して、万葉の時代に想いを馳せてみました。
Commented by nageire-fushe at 2012-07-13 22:31
おとこのいけばなさん
「五色」は神社仏閣では、色そのものに意味があるそうです。
色には力が潜んでいるのでしょうね。
新暦の七夕は梅雨真っ盛りなので雨が多いですね。
大雨の被害も出ているようです。
これ以上災害が起きないように祈りたいです。

jamaginさん
ありがとうございます。
祈りも通じず。。雨になりました。
でもまだ旧暦の七夕に期待をこめております。
Commented by nageire-fushe at 2012-07-13 22:42
harunoyokihi06さん
七夕も過ぎると、より盛夏の気配を感じるように
なりましたね。
短冊ならぬ糸と梶で花としました。
ますます暑くなります。でも暑さも夏と
感じながら過ごしたいとは思いますが、
つい愚痴をこぼしてしまいそうです。

N-styelさん
こんばんは~~
例年は、平鉢に水をたたえ梶を浮かべて
室礼としていましたが、ふと思いついて
この姿としてみました。
思いが通じて楽しい時を過ごたら嬉しいことです。
やはりそう思いたいですね。
暑さも益々盛りになってきました。
負けないように・・負けないように無理せず
頑張りましょうね。
Commented by nageire-fushe at 2012-07-13 22:47
hsrolayさん
こんばんは。
自分なりの花なのでお恥ずかしい限りです。
梶の葉は平安の昔より七夕には欠かせない花なのです。
角盥に水をはり梶の葉を浮かべて星を映し見たとも
伝えられています。

oshibanayoshimiさん
ありがとうございます。
ふとした、思いつきの花姿になりました。
Commented by nageire-fushe at 2012-07-13 22:53
uransuzuさん
ありがとうございます。
おっしゃる通りですね。実は歌を墨書しようとも思いましたが、あまり
にも付きすぎるように思えて葉のみをいれてみました。

hibikorekouji2さん
ありがとうございます。
本当にお天気には恵まれませんでしたが、
きっときっと。。。と信じております。
Commented by nageire-fushe at 2012-07-13 23:01
s_hanalineさん
雨になりましたね~~。
伝統的かは不明ですが、七夕には古来より色糸の束をお供えして
織物や芸事の上達を祈るそうです。
そんな事を思い出しながらの花姿となりました。

tasogare78さん
ありがとうございます。
「五色」の短冊や色糸をお供えとする。
そんな事から発想したのだと思うのです。
葉と紐が仲良く寄り添ってくれたようです。
Commented by nageire-fushe at 2012-07-13 23:08
Konatu_swさん
ありがとうございます。
古典の室礼にはおよびませんが、
古への、あこがれが花姿になってくれたようです。
良き姿になってくれました。

gaunnさん
ありがとうございます。
そう言っていたけると嬉しいです。
儚い花姿ですが、それもまた良しですよね。
Commented by nageire-fushe at 2012-07-13 23:13
tkomakusa1tさん
葉の面の姿は、一枚でも存在感を感じますね。
そんな葉を俄仕立ての紐結びが受け止めてくれた
ようです。

aturin88さん
こんばんは。
生け花と言えるかは???ですけれど。
やはり「なげいれ」の自由さなのでしょうね。
平穏無事、日々是好日、普通に・・そんな
祈りをこめたいと思うのです。
Commented by nageire-fushe at 2012-07-13 23:17
長沼さん
ありがとうございます。
里芋や蓮の葉の梅雨を集め
墨書していたそうですね。
自分もと思いましたが、あまりに付きすぎるように
感じては葉のみの姿にしました。
古への憧れ・・です。
<< 中道 夏越の祓 >>