<< 時ならぬ花 降りきたる。 >>

菊籬(きくまがき)

c0131091_921221.jpg
  菊、まさにいまが盛り。何とも雅な雰囲気の花でもあります。晩秋の香りの一つをたっぷりと楽しんでいます。
                          花 菊  器 タイの陶器
[PR]
by nageire-fushe | 2011-11-20 09:13 | Trackback | Comments(38)
トラックバックURL : http://nageire.exblog.jp/tb/17114283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by YuccaR at 2011-11-20 10:41
あー美しい!あったかいです。ページを明けたとたんいただいた心が静まるプレゼントでした。菊もこんな風にあったかくなるのですね。家のは塀の下から覗く、籬の菊ですが、枯れた葉が美しくないので・・。
Commented by yukari.n at 2011-11-20 11:37 x
こんにちは(*´∀`*)ノ
ご無沙汰していた間にもとても素敵な作品ばかりでにんまりしながら拝見させていただきました(*´艸`*)
まさに今は菊が盛りですね。
こういう風に活けてみるのもいいですが…
花粉が気になるので最近ではもっぱら撮るだけですね(/_<。)
Commented by vimalakirti at 2011-11-20 13:59
こんにちは。
あちこちで「菊祭り」が開かれていますね。
まさに「菊香り候」になりました。
子どもの頃、菊の花の香りはどちらかというと
苦手でしたが、いまは芳香として身にしみます。
Commented by s_hanaline at 2011-11-20 18:12
輝いてる菊ですね。
私も菊を生ける時は、ほとんど葉を落とします。
こうして、瑞々しい葉だけを見せるのも良いものですね。
さすがです~~。
Commented by r_magnolia at 2011-11-20 20:29
溢れだすように咲く菊が、とても可愛らしいです。
私ね、つい最近、ほんっとつい最近、
ようやく菊の美しさを知ったんです。
(お恥ずかしいかぎりです)
ほっこりとした、厚みのあるタイの器との相性もばっちりですね。
Commented by jamagin at 2011-11-20 21:30
nageireさんの南山は泰然としているのでしょうか、
どっとしりとした器が水面に映る寿ぎの山容のようにも見えてきます。
Commented by yokowatt at 2011-11-21 06:43
ほっくりと丸味を帯びた器に白いお花~~静かな佇まいで気持ちが落ち着きます。
何時も素敵なお花を有難うございます。
Commented by N-styel at 2011-11-21 07:11
溢れ出でるように咲く、何とも可憐な姿ですね。
そう、今を盛りにあちこちで幾種類もの菊の笑顔が愉しめます。
時節をきちんと弁えて…浮足立つ人を戒めてくれる…植物にはホントに頭が上がりません。(>_<)
Commented by gaunn at 2011-11-21 08:18 x
秋は菊真っ盛り我が家にも小菊ですが
色んなのが咲いています、やがて霜の被害を受けるでしょう
が寒菊という菊は強いですよ,一株だけを大事にしています
Commented by yuta at 2011-11-21 12:10 x
こんにちは
この時期菊がきれいですね
タイとのコラボも面白いです^^
Commented by KEIKO_YUSA at 2011-11-21 14:36
タイの器は片口でしょうか?

白い小菊はとっても好きです。
庭にも 一株 存在して欲しいです。
Commented by kata716 at 2011-11-21 14:42
こんにちは

晩秋の風情が伝わってきました
今日の札幌は氷点下のままで寒い一日です
11月3日よりはマイカーで本州旅行に出かけ15日に帰宅しましたが途中で
改修中の姫路城では規模の大きい菊展も開催中でしたよ
Commented by nonokayo at 2011-11-21 16:29
お久しぶりです

白さが一段と生えています

タイ陶器の口の厚さに負けていないのが不思議
緑の分量もなにげに愛おしくて素敵です

nonoka
Commented by gonbe0526 at 2011-11-21 22:48
こんばんは
菊が真っ盛り
今にもあふれんばかりの美しさですね。
香りも漂ってきそうです。
Commented by 長沼 at 2011-11-22 00:27 x
こんばんは。
あふれんばかりの白菊!
清楚で美しいですね。

まさに菊のシーズンです。
菊祭りが各地で行われているようですね。
Commented by oshibanayoshimi at 2011-11-22 15:46
このような白い小菊は、私の誕生花だそうです。
NHKの「誕生日の花」と云う、カレンダーで、知りました。
親しみが湧きます。
Commented by tkomakusa1t at 2011-11-23 06:03
菊ガ旬ですね。これが終わると庭が淋しくなります。
まわりを照らして明るく見えます。
器が素朴で菊に似合っていますね。
Commented by masa-tomi-mari at 2011-11-23 08:19
佐久は氷点下の霜降る朝を迎えています。
霜のついた菊には侘しさを感じますがnageireさんの
菊は元気はつらつですね。
Commented by jellyclips at 2011-11-23 08:53
タイの陶器…どんなところで見れるのでしょうか。
こぼれ落ちそうな菊が、豊かな気持ちにさせてくれます。
Commented by j-garden-hirasato at 2011-11-23 11:01
冬直前の菊の花、
最後の華やかさのようなものが感じられ、
とても印象的です。
タイの器との相性もいいですね。
陶器という質感だからでしょうか。
Commented by uransuzu at 2011-11-23 20:44
こぼれんばかりの白菊・・・
真ん中のオシベメシベ部分の黄色が、こんなに可愛らしい存在とは
気付きませんでした。
ほっこり(●^o^●)
Commented by nageire-fushe at 2011-11-23 20:59
YuccaRさん
冷え込みが感じられるこの時期に、こんな花姿を見れると
本当に嬉しく思えるのです。数年前に身近に咲く菊の美しさに
心を惹かれるようになりました。下葉の枯れこんだ姿も
また良きものですよ。ぜひ摘んで器に添わしてみてください。

yukari.nさん
こんばんは。
こちらこご無沙汰しておりました。
まさに菊が盛りですね。でも菊の花粉アレルギーの方には
辛い時期でもありますよね。
お大事にしてくださいね。
Commented by harunoyokihi06 at 2011-11-23 21:10
おばんです。
白い花は本当にハッとする清潔感がありますね。
香りもいいし菊は大好きです。
タイの器もぬくもりがあっていいですね。
Commented by nageire-fushe at 2011-11-23 21:14
vimalakirtiさん
こんばんは。
あちこちで「菊祭り」が盛んでもあります。
そして菊の香り、自分も年齢を重ねると
ともに好きになってきたように思えます。

s_hanalineさん
この子の花の重なりがすごく可愛く感じます。
花の姿が可愛いので花を重ねてみました。
葉はあえて取ってはいないのですよ。
花陰に隠れています。
Commented by nageire-fushe at 2011-11-23 21:20
r_magnoliaさん
このように溢れるように咲く菊はまた良きものです。
自分も数年前から身近な菊の美しさを再発見しました。
タイの器に沿わせると何とも良き雰囲気をかもし出してくれました。

jamaginさん
自分の南山は、未だに見つからないですね~~
鳥になって飛んで行きたいとは思うのですが、
心が遠くに行くには・・・。
この花姿のような心境になりたいと憧れます。
Commented by nageire-fushe at 2011-11-23 21:27
yokowattさん
タイの器に菊がよく似合ってくれました。
このような静かなる世界に強く憧れる
そんな自分を強く感じるようになりました。

N-styelさん
一輪の姿も素敵ですが、このように溢れるように咲く姿も
また美しいものですよね。草の花が末枯れてくる季節
こんな姿も嬉しいものです。自然からの教え。。。優しく
厳しいものでもありますね。
Commented by nageire-fushe at 2011-11-23 21:35
gaunnさん
色々な菊が目を楽しませてくれています。
冬が来る前のほっとする姿でもあります。
霜を得た菊もまた良きもので、好きな姿でもあります。
寒菊などは霜が降るごとに美しさを増す花でもありますね。

yutaさん
こんばんは。
日本の菊にタイの器がよく添ってくれました。
どちらも自然からの贈り物なのでしょうね。
Commented by nageire-fushe at 2011-11-23 21:42
KEIKO_YUSAさん
この器は生活の雑器で、香辛料や香草などを潰す
陶製の臼なのです。それゆえこの厚さがあるようです。
白い菊は、一段と清浄さを感じさせてくれる
そんな気がします。

kata716さん
こんばんは。
嬉しいお言葉ありがとうございます。
そちらでは雪も降ったとの事、冬の到来ですね。
長き旅路を楽しまれての帰宅、沢山の良き思い出と
ともに。。。羨ましくもあります。
Commented by nageire-fushe at 2011-11-23 21:50
nonokayoさん
やはり白とは特別な色のように思えます。
この子の花の重なる姿が愛らしくて・・・
タイの器ともよく添ってくれました。
花とは良きものですね。

gonbe0526さん
こんばんは。
盛りの菊はまた美しですよね。
そんな花姿が嬉しく感じます。
香りもまた爽やかに香りますね。
Commented by nageire-fushe at 2011-11-23 21:55
長沼さん
こんばんは。
白菊はやはり特別に感じますね。
そいて家菊は時として雅さを感じたりまします。
末枯れる前の花を十分に楽しみたいと思うのです。

oshibanayoshimiさん
そうなのですか!!お誕生花なのですね。
白菊が。。。なんとも素敵ですよね~~~
自分は何だろう?調べてみたくなりました。
Commented by nageire-fushe at 2011-11-23 22:00
tkomakusa1tさん
そうですね~~。末枯れてゆく冬を前の草の花
菊、愛おしくなります。
タイの器ともよく添ってくれました。

masa-tomi-mariさん
そちらは、やはり霜なのですか。
でも霜の乗った菊もまた心打つ美しさが
ありますよね。すがるように咲く花も好きです。
Commented by nageire-fushe at 2011-11-23 22:06
jellyclipsさん
この器は先年、タイへ旅行に行った時に
何でもない雑貨店で見つけて連れ帰ってきました。
焼〆の陶器で備前のような肌合いを持っています。
良き出会いでした。

j-garden-hirasatoさん
おっしゃる通りに、最後の華やぎ・・・
草の花の「有終の美」のような花ですよね。
この時期だからこその菊ではないかと思われます。
やはり備前のような肌合いを持った器なので、
日本の花とも相性が良いのかもしれませんね。
Commented by nageire-fushe at 2011-11-23 22:12
uransuzuさん
菊はこんな風にこぼれんばかりに庭に咲く姿は
本当に美しいものです。それを感じていただければ
嬉しいことです。
菊もですが、全てがバランス良く自然の作り出したもうた
姿は美しいものですよね。

harunoyokihi06さん
おばんです。
やはり白とは神聖さや清楚さを感じさせるのか
特別な花色のように思えます。
晩秋に咲く、菊花は末枯れる空気に
しばしの華やかさを与えてくれるように
感じております。
Commented by maplemaki at 2011-11-23 22:27
ふわふわの白菊がとても可愛らしいですね~。
一方で高貴な空気をまとっていて、
菊とは何ともいえず不思議な花です。
タイの器、彼の地の平安に想いをはせずにはいられないですね。
Commented by N-styel at 2011-11-24 07:06
おはよ~ございます!!
まさかの可愛らしい贈り物でしたね…(^^)
我が家でもオオデマリの新芽が迷ったのか、この寒さの前に芽を吹いてしまいました…
越冬が心配です。(/_;)

昨日は久し振りの祝宴…新しき門出を祝えるのはとても嬉しくなります♡
時節柄、お体お気を付けてお過ごしくださいませ…!!
Commented by nasuka99 at 2011-11-25 09:24
ああ、かわいいですね~~
着物の、友禅の柄にもなりそうな・・・
匂いまでしてきそうです!
Commented by nageire-fushe at 2011-11-27 20:18
maplemakiさん
八重咲きの白菊、八重九重と言う言葉が、
似合うように思えるのです。
菊は雅な空気をまとっていますが、場により
姿をかえるようです。
今年は地球規模で天災が多いです。
本当に平安たれと祈りたいと思うのです。

N-styelさん
こんばんは。
この子が咲いているのを見つけた時の驚き。
自然とは不思議なるものだと感じるのです。
祝宴。。。新しき門出とは本当に嬉しきものですよね。
幸多からん事、お祈りしております。
Commented by nageire-fushe at 2011-11-27 20:22
nasuka99さん
本当に可愛い子です。
菊は古来より吉祥文として
意匠に多く使われて愛されてきました。
そんな花、美しいですよね。
<< 時ならぬ花 降りきたる。 >>