<< 傘 ワイン >>

翠色

c0131091_633084.jpg
先週末に奈良へ行ってきました。年に一度のご開帳の仏に会ってまいりました。古寺を巡るうちに思った事があります。それは「場」と言う事です。よく美術館に古寺より神仏の尊像や絵画がお出ましになります。かくゆう自分も拝しに行くのですが、やはりその尊像や絵画がいらした所に鎮まるお姿が本来のお姿だと・・・そして心に染み入るのだと思いました。そうそう供花に笹百合が供えらているのも奈良らしいと思いました。

さて梅雨に入り紫陽花が美しくなってきました。うっとうしい季節ですがこの時期しか出会えない花達に     
慰めらています。                                花 翠紫陽花 十薬
[PR]
by nageire-fushe | 2009-06-13 06:50 | Trackback(1) | Comments(42)
トラックバックURL : http://nageire.exblog.jp/tb/11739348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 緑坂倶楽部 at 2009-08-01 13:59
タイトル : 風知草のアレンジ *いつでも名脇役
鉢植えの風知草を使ってアレンジ。 ドクダミ、シロヤマブキ、ミズヒキ、レモンバームなど。 左の茶色の穂は生花のお稽古で使ったフトイ。 器はステンレスのワインクーラー。 このドクダミは、庭の今年最後の一輪。 これは、擦りガラスのグラスに生けましたが、器が見えず^^; 風知草とフトイの穂を絡ませてみる。 ドクダミの背後に沿わせてみる。 主役にはなりにくいけど、いつでも名脇役。 Nikon D80 SIGMA AF50/2.8 MACRO...... more
Commented by nakanokeiichi at 2009-06-13 07:32
そうですね 仏さまもも納まるところに収まる。
 お花も 最初からそこに在った様に 活けられるってことでしょうか。
Commented by chon-beth-coro at 2009-06-13 08:35
奈良ですか、いいですね。京都までは行きますが、奈良まで足を伸ばす機会がありません。確か笹ゆりで有名なお寺があるんですよね。お花に関する本でみたことがあります。
露打ちされて嬉々とした花たち。白・グリーンでさわやか!
Commented by おとこのいけばな at 2009-06-13 09:08 x
ササユリの供花があったんですね。ステキですね。

深い緑がとても落ち着いた雰囲気に感じます。
ちらっと顔を覗かせているような十薬も、とてもいい表情です。
我が家の紫陽花、昨年は青色だったものが今年はピンク色です。
この翠紫陽花の色もステキですね~。
毎年同じ色なのでしょうか?いづれは白くなるのかな?
Commented by hirospace at 2009-06-13 09:48
入梅を宣言した途端に、お天気が良くなりました。
雨が降ればアジサイも花菖蒲も元気になるような感じがしています。
明日は笹ユリの咲いている山に出かけようかな?と思っているのでが、気温が昨日(33℃)より10℃も下がって、鼻水とくしゃまみが止まりません。
Commented by 香り at 2009-06-13 10:22 x
奈良へ行かれたのですね!nageireさんの気持ちが生け花に
反映されている感じがします。
翠紫陽花の緑色が気になります。不思議な感じがします。
しっとりしている生け花なのに、籠のもち手がなぜか虹の到来を
感じさせてくれます!
Commented by nomadflower at 2009-06-13 12:03
この季節は人間には過ごしにくい時季ではありますが
植物たちは元気ですね。
そんな植物に励まされながら過ごしています。

奈良へいらしたとのこと。
きっといろいろ感じられることも多かったのでしょうね。
Commented by s_hanaline at 2009-06-13 12:05
鎮まるところに居る、おさまる所におさまる。
人間も同じでしょうか・・
紫陽花があるから、憂鬱な梅雨も和みますね。
Commented by jamagin at 2009-06-13 13:09 x
緑のあじさいですか?
万緑の奈良の山はさぞ楽しく美しい旅だったことと思います。
ササユリの祭、毎年気になっています。

そうですね、常々、線香灯明のない展示場に連れて来られた仏像は彫刻だと割り切ってます。
先日、拝見した阿修羅ですが、その場で誰ひとり合掌してはいなかったですから、魂まではお出ましにはなってなかったのでしょうね。
Commented by jyoze-mama at 2009-06-13 17:18
梅雨はうっとおしいですけれど それを慰めてくれるお花もあり
この時期にしか出会えないので嬉ですよね~^^
翠紫陽花初めて拝見しました。
葉の緑と 翠紫陽花のお花に 白い十薬がとても良くあってて
葉の雫も瑞々しくて~素敵です。
お寺めぐりをされて お供えに笹百合なんて~
この時期ならではですね~~~♪
Commented by blog-pyonta-kun at 2009-06-13 17:48
奈良ですか。いいですね。なかなかゆっくり旅ができない今日この頃です。笹百合の供花は有名ですね。生きている限り一度は拝してみたいです。珍しい紫陽花ですね。なんていうか、十薬とあっています~(^^
Commented by ichi at 2009-06-13 19:42 x
仏さまは、美術館のショーケース越しに観るより、
やはり、そのお寺の中の照度と、雰囲気で観るのが一番ですね。
遠路のご旅行お疲れ様でした(´ー`)ノ

昨日、私は山へ..ササユリを探しに出かけたのですが、見つけられませんでした。
この辺も、ササユリ減ってきたみたいで寂しいことです...

Commented by Konatu_sw at 2009-06-13 20:15 x
心を打つもの、季節、環境、空気感、が整ってこそだと思われます。
しかるべき処で四季それぞれに出遭ってみたいです。
存在感。。。そんなものだと思われます。
翠、最も美しい季節、ドクダミが紫陽花が謳歌する頃ですね。
Commented by hiro-photo at 2009-06-13 20:31 x
こんばんは。
青々とした葉っぱの中に真っ白などくだみの花が印象的ですが、ドクダミ独特のアノ臭いは・・・・、活け花にしたら臭いも薄れてきますか?
Commented by primenumber2 at 2009-06-14 00:12
奈良にお出かけだったのですね。
奈良の仏様たちは、時代が古い為か素朴な顔立ちで
親しみが持てる気がします。
踏みつけられている鬼を見るのも楽しみの一つです。
笹百合は先週のお稽古に使いました。
近畿地方でよく見られるのでしょうか。
野生のものは見た事がありませんが
野に咲いていたら華やかですね。
Commented by 長沼 at 2009-06-14 00:54 x
こんばんは。
雫がたっぷりついてて、とても活き活きしていますね。

奈良・・・いいところですね。特別な地なのかもしれません。
「ササユリ」は、つい先日 ピンクの綺麗なお花だと教えてもらったばかり
なので、その名を聞いて一寸嬉しく思いました。
Commented by tkomakusa1t at 2009-06-14 07:31
奈良にお出かけでしたか。
やはりその地で見るのがいちばんですね。
アジサイ緑ですね出会ったことがありません。
白い十薬が緑の中で生き生きしています。
Commented by ごくらく鳥花 at 2009-06-14 11:15 x
奈良にお出かけだったのですね 
私も年に一度位ですが出かけます
仏さま大好き人間なのですが 最近は年1がなぜかやっとです

翠紫陽花? 初めての名前です 
どくだみの白い花ととても良くあっています
とても小さな花籠? なのでしょうか
Commented by iineee at 2009-06-14 11:31
翠紫陽花って素敵ですね~!
初めて見ましたが、グリーンの葉の中にあるお花が
不思議な感じで惹きつけられます。
白の小花とのコントラストも綺麗です。
Commented by yokowatt at 2009-06-14 13:20
どくだみの花がとても可愛いです。
緑の中の白がより一層映えるのでしょうね。
我家の庭の一角にどくだみが密生して沢山お花が咲いてます。
大好きなお花なので抜かずに自然のままにしています。
友達は呆れてましたが・・・。
Commented by nageire-fushe at 2009-06-14 21:04
nakanokeiichiさん
納まるべき所に鎮まるということの気持ちのよさを味わいました。
花もしかるべきなのかもしれませんが、冒険も大切なことなのですよね。

chon-beth-coroさん
自分も京都には良く行くのですが、奈良は数回目でした。
人もあまり混んでいなくてゆっくりとしていて良い所です。
笹百合、本当に美しいですよね。好きな花です。
Commented by nageire-fushe at 2009-06-14 21:11
おとこのいけばなさん
どの御寺でも、供花に笹百合がはいっていて何とも素敵でした。
緑の中の白は清々しく感じます。良きものです。
紫陽花は、土の酸性・アルカリで色が変わるそうです。
リトマス試験紙のようですよね。

hirospaceさん
こちらも、今日はお天気が崩れる予報でしたがお天気がよかった
です。ただ夕方、雷雨がありました。
笹百合、見られましたか?
くしゃみ・鼻水・・お風邪召さないように!
Commented by nageire-fushe at 2009-06-14 21:19
香りさん
奈良は本当に自然がお隣に存在するそんな感じを受けました。
翠紫陽花、このままの色なのです。不思議な花ですよね。
南蛮生まれの籠にもうまく納まってくれたようです。

nomadflowerさん
人間が過ごし易いと思えるのは、ほんの少ない期間ですよね。
それに比べて植物達は、そのときの気候に合わせて元気ですよね。
無言で美しいのが良いです。奈良は素朴さが残るのでよけいに
そう感じたのかもしれません。
Commented by nageire-fushe at 2009-06-14 21:30
s_hanalineさん
「あるべきようは・・・」の言葉を体感したように思えます。
人間もかも知れませんが、冒険や挑戦を忘れてもだめだと思います。花や植物が有る生活は本当に癒されるものですよね。

jamaginさん
緑の紫陽花なのですよ。この色から変化しません。
奈良は自然が隣に有るそんな感じなので、緑が美しいかったです。
笹百合の祭りは、三輪の神様と関係が有るらしいです。
自分も彫刻だと割り切って行くのですが、ついつい手を合わせて
しまったりします。魂はきっと元の御堂におわしますのでしょうね。
Commented by nageire-fushe at 2009-06-14 21:40
jyoze-mamaさん
花はどんなときでも無言で美しく癒してくれるように
思います。そしてその季節だけ出会える嬉しさもあります。
翠紫陽花は昨年に初めて出会いました。不思議な雰囲気ですよね。
十薬もどこにでも有る花ですが、こうやっていれてあげるとよそ行きの姿を見せてくれますよね。

blog-pyonta-kunさん
今回は、寺社参詣が目的なので観光らしいことは無かったのですが
ゆっくりと神仏と会えることができました。この紫陽花、不思議ですよね。
Commented by 鎌倉 at 2009-06-14 23:05 x
緑の紫陽花ですか?あまり見ないです。
奈良は大好きで、私も行きたいです~!
阿修羅の東京での展示は終わったみたいですね。
毎日大混雑だったとか。
奈良で見に行ったときは人がほとんどいなくて
いつまでも見てましたが・・
Commented at 2009-06-15 10:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by souchantukuchan at 2009-06-15 11:03
わたしもいつもそう思っていました。
その地域の人々、歴史、景色をふくめて本来のお姿だと思います。

奈良、行きたいです。
来年、息子の修学旅行について行きたいくらい・・・

とても変わった紫陽花ですね。初めて見ました。
深い緑と露が清々しく、とても素敵です^^

Commented by グランマ at 2009-06-16 14:37 x
翠の香を存分に嗅がせて貰いました。心が落ち着きます。
アジサイも色々の種類があるのですね。土の酸性度に
よって花の色が変わると聞いていますが、経験はありません。
Commented by nageire-fushe at 2009-06-16 21:09
ichiさん
やはりそう思いますか・・全てはその有るべき場にある姿が
魂てきには良いのかもしれませんね。美術品としてみるか
神仏として拝むのかの違いかもしれませんね。
笹百合残念でしたね。やはり乱獲とか環境とかのためなのでしょか。
自然をそのままに保ちたいものですよね。

konatu_swさん
心とか魂は、やはり美しさを通りこした所にあるのような気がします。
そんな事を大切にしていきたいと改めて感じました。
翠が美しく、真夏の翠とは違うそんなひと時を楽しみたいですね。
Commented by nageire-fushe at 2009-06-16 21:17
hiro-photoさん
こんばんは。
この時期白い花と紫の花が多いように思えます。
どくだみですが、切ったり傷をつけない限りは、あの独特の
香りはしませんよ。かえって消臭効果があるそうです。

primenumber2さん
奈良は万葉集、京都は古今集、そんな感じがしました。
そんな素朴な雰囲気が癒してくれるのかもしれませんね。
踏みつけられている鬼でさえユーモラスな感じを受けました。
笹百合は、西日本で自生しているらしく東日本では見かけません。
自分は、吉野に行った時に自生のものを見たことがあります。
笹百合が無いかわり、山百合が関東では自生しています。
Commented by nageire-fushe at 2009-06-16 21:28
長沼さん
こんばんは。
花は梅雨を打ってあげるとまた違う姿になってくれるように
思えます。
奈良は素朴な雰囲気がとてもよくて自然と仲良しな感じでした。
笹百合は、薄いピンクで、葉が笹のようで茎の細さがまた良い感じ
なのですよ。

tkomakusa1tさん
奈良、良き地でしたよ。
神仏を美術品として見るか、魂として拝するかの違いなのです。
翠紫陽花、自分も昨年出会いました。このままの翠なのですよ。
しかも花もちがとても良いのです。
Commented by j-garden-hirasato at 2009-06-16 21:30
この時期でこそ、
ギュッと引き締める、
そんな感じです。
うっとうしい梅雨だからこそ、ですね。
Commented by nageire-fushe at 2009-06-16 21:37
ごくらく鳥花さん
奈良の仏様は、素朴な姿と間近に拝することができるので
より親しみを感じます。今回は秘仏公開や障壁画の公開が
あり充実した旅になりました。
翠紫陽花、このままの色で変わらないのですよ。
昨年自分も出会いました。面白い花ですよね。
花籠は、それほどは小さくないですよ。

iineeeさん
翠紫陽花、不思議ですよね~~~。自分も昨年出会い
すっかり魅了されています。緑の中で咲く白い花は
印象的であり、清々しいですね。
Commented by nageire-fushe at 2009-06-16 21:48
yokowattさん
どくだみ、可愛い花ですよね。葉はハート型で花は白い十字
紅葉も綺麗です。さらに薬草でもあり本当に有効な
植物なのです。花が咲くと摘んで飾りたくなるのです。
どうぞそのまま、咲かせてあげてくださいね。

鎌倉さん
翠の紫陽花なんです。このままの色を保ちます。
不思議な花ですよね。
阿修羅展、すごい人でした。でもやはり美しいと思いました。
かつて数回奈良で拝した時は、人がほとどいなくて
長い時間拝していた事を思い出します。
Commented by nageire-fushe at 2009-06-16 22:00
鍵コメさん
自分もドクダミが咲くと必ず摘んで飾りたくなります。
どうやら、消臭効果もあるらしいですよ。
場・・やはり大切なのかもしれませんね。特に神仏は
美術品でも有り、信仰の対象でもあります。観るのか拝する
のかの違いは、ずいぶんと違いますね。
野の花は、その場の雰囲気を強く持ってくれていて
やはり良きものなのです。

souchantukuchanさん
はやりそう思われますか・・・
特に今回強く感じたのは、唐招提寺御影堂で、東山画伯の
障壁画に囲まれ、鎮まっている鑑真和上様のお姿を拝した時です。
自然の光や空気、回りの緑や鳥の鳴き声、香の香り・・・
すばらしいかったです。
機会があればぜひ、奈良へ・・お勧めします。
Commented by nageire-fushe at 2009-06-16 22:09
グランマさん
この時期、雨に打たれた翠の色や香りは
何とも心休まるものです。紫陽花も色々と有るそうです。
日本原産の植物で、学名をオタクサと言うそうです。
シーボルトが持ち帰ってヨーロッパに広まったそです。
学名は、シーボルトの妻「お滝さん」が由来とか・・・

j-garden-hirasatoさん
この時期だからこその花達です。
そして、こんな楽しみを与えてくれる日本の自然に
感謝したいと思っております。
Commented by Rie at 2009-06-17 11:12 x
近くに学習塾があって、そこの花壇はいつも色とりどりの薔薇を綺麗にあしらっているのですが・・・。
その花壇の脇に、ひっそりとドクダミが群生しているのをみつけました。
私はどうしても、そちらに目がいってしまうのです。
奈良、いいですね。
私は秋篠寺の伎芸天が好きです。
Commented by kywty2006 at 2009-06-18 19:55
お久しぶりです
やっと皆さんのところへもお邪魔する時間ができました
翠紫陽花って珍しいですね いつもnageireさんはお花はどこで手に入れられるのですか?お花屋さんでは見かけないものばかりのようですが
奈良 懐かしいです 今のところよりも前に住んでいたのですよ
Commented by masa-tomi-mari at 2009-06-19 12:50
個人の小さな美術館が人気だそうです。お寺の仏像と同じように集めた人の心が感じられるせいでしょうか。
Commented by vimalakirti at 2009-06-19 20:01
あらぁ! 翠紫陽花なんていうお花があるのですか?! びっくりです。
私の名前ですから... なんだか照れちゃいます (^ー^)ゞ
Commented by nageire-fushe at 2009-06-19 22:01
Rieさん
薔薇も美しいですよね。薔薇もドクダミも花です。
ただ、どくだみには、野の雰囲気を多く持っていています。
薔薇が深窓の令嬢ならば、ドクダミは素朴な村娘って感じです。

kywty2006さん
お久しぶりです。
花ですか・・・採集したり、育てたり、頂いたり、野の花を扱う花屋さんで
購入したり。山野草のお店で購入したり色々です。
奈良、お住まいでしたか。のんびりとした雰囲気で良い所ですね。
Commented by nageire-fushe at 2009-06-19 22:04
masa-tomi-mariさん
小さな美術館、面白いですよね。それぞれがこだわりを持ち
そんなのが良いのでしょうね。

vimalakiratiさん
翠紫陽花、自分も昨年知りました。美しくて魅力的なのです。
お名前なのですね~~美しいお名前ですね。
<< 傘 ワイン >>